MENU CART {{currentCart.getItemCount()}}
【敬多路亞】SHIMANO PITBULL G5 5股 5編 150米 PE線 釣線 路亞 禧瑪諾 布線 岸拋 根魚 釣

【敬多路亞】SHIMANO PITBULL G5 5股 5編 150米 PE線 釣線 路亞 禧瑪諾 布線 岸拋 根魚 釣

※購買前請注意,線為【橘色】


NT$480
{{shoplineProductReview.avg_score}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{shoplineProductReview.total}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
{{amazonProductReview.avg_rating}} {{'product.product_review.stars' | translate}} | {{amazonProductReview.total_comment_count}} {{'product.product_review.reviews' | translate}}
{{ title.name_translations | translateModel }} : {{variationName[$index] | translateModel}}
Quantity
Add to Wishlist
The maximum quantity per submit is 99999
This quantity is invalid, please enter a valid quantity.
Sold Out

Not enough stock.
Your item was not added to your cart.

Not enough stock.
Please adjust your quantity.

Limit {{ product.max_order_quantity }} per order.

Only {{ quantityOfStock }} item(s) left.

Please message the shop owner for order details.
Add to Wishlist

Description

台灣三司達公司貨,品質安心保證。

5股設計,中間1股為【高比重碳纖線纖維】,降低整體釣線比重,減少滯線,增加感度與開槍命中率。


ライトリグや荒天時の切り札!高比重のシンキングPEライン

シンキングのPEラインピットブルG5を使うメリットとは?

高い強度だけでなく、低伸度と高感度を備えているので、現在、さまざまなフィッシングシーンで活用されている
PEライン。ただ、実際にフィールドに出るとそんなPEラインにもいくつかのデメリットがありました。
まず、ひとつは比重が軽い(0.98)ことで強風時や、飛距離を出したキャストでは風にあおられてラインスラックが
大きくなるというデメリットです。
そして二つめは同じく比重が軽いため、軽量ルアーやリグでは沈みが遅く、ボトムを感知しながらの釣りなどでは底を離れやすいというものです。
その両方が改善されたのが高比重シンキングPE、ピットブルG5です。

バスフィッシングにおけるシンキングPEの存在

近年、バスフィッシングにおいてもPEラインはさまざまな場面で使われています。
他魚種に比べソフトベイトの比率の高いバスフィッシングではルアー・リグを沈めて使う、ということが非常に多く、高比重シンキングPEラインとの相性の良い釣りの一つでもあります。
現在、多くのアングラーがメインとして使っているフロロカーボンラインにくらべ圧倒的に高強度なため、従来の
強度(ポンド数)のままラインを細くして「飛距離を稼ぐ」、「ラインの存在に気付かれないようにする」といっ
た使い方と、太さ(号数)はそのままで強度を上げることにより「カバー周りで切られないようにする」「強引なファイトができるようにする」といった使い方の二通りがあります。
もちろんフロロカーボンやナイロンなどに比べ伸びが少ないためボトム変化やバイトを明確に手元に伝えてくれる
という大きなメリットもあります。

ソルトウォーターフィッシングでシンキングPEが武器となる時

キャスト&リトリーブがメインとなるソルトウォーターフィッシングでは高比重PEラインのメリットは少ないと思われがちですが、実際には数多くのメリットが存在します。
特にピットブルG5の強風時や遠投時のラインスラックの出にくさは明確な武器となります。
ラインスラックが少ないことにより、イメージした通りのトレースコースを通すことができるのはもちろん、着水直後に無駄なラインスラックを巻き取る必要が無いため着水直後のバイトを取ることや、ルアーを最初からスムーズに操作することが可能となりました。
逆にあえてラインスラックを作り出し、ルアーをドリフトさせるようなスタイルや、流れにラインを流してスポットにルアーを送り込むような使い方では従来のピットブルシリーズが向いているので、使い分けることでよりさまざまな状況に対応できるようになりました。
またブリームゲームに代表されるようなライトソルトフィッシングではソフトベイトの使用や、ボトムを感じながらの釣りも少なくないためピットブルG5が活躍することは間違いありません。

ラインカラーの使い分け
ピットブルG5にはステルス性の高いスティールグレーと、視認性の高いハイビズオレンジがラインナップされています。
魚にラインの存在感を消したいようなシチュエーションではスティールグレーを、フォールの釣りやラインの動きでバイトを感じるような釣りでは視認性の高いハイビズオレンジをチョイスすることでより幅広いシチュエーションで使用していただくことが可能なラインナップです。

#SHIMANO #PITBULLG5 #PE線 #路亞 #釣魚

Customer Reviews


{{'product.product_review.no_review' | translate}}

Related Products